妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であるこ

妊娠初期に大事なビタミンが葉酸であることは多くの人が知っていますが、実際は妊娠の全期間にわたって葉酸こそ、子供と母体の両方に大事な栄養素に他なりません。胎児の発育を順調に進めるためにも、出産まで葉酸が必要で、母体の貧血や妊娠中毒症のリスクも下がります。
ですから、妊娠初期に限らず、可能であれば出産後、授乳中まで葉酸を必要量は確保して欲しいと思います。
妊活で大事なことは基礎体温を測るということです。きちんと基礎体温を測定することによって身体の状態の把握が可能で、現在、妊娠しやすいのかそうでないのか、妊娠の可能性の有無や、排卵日の大体の予測など重要なデータを把握できるのです。それから、基礎体温は朝覚醒してすぐ体温を測るとわかり、起床後すぐに測るのがポイントです。お子さんが欲しい方、妊娠中の方であれば葉酸の摂取が必要です。


ビタミンの一種として、葉酸には胎児の発育を促す役割や、細胞分裂を促進する役割を果たします。葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などに豊富に含まれています。


市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜をたくさん食べられない方や先に挙げたような野菜が苦手な方には上手く活用していきたいものです。



暑い時期が来ると、思わずグッと飲める冷たい飲み物を飲みたくなってしまいますが、普段はもちろん、妊活している時にはできるだけ体の熱を奪うような飲み物は避けてください。



それとは逆に、温かい物を飲むようにすれば妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。

飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において日常的に体を冷えから守ることを意識して生活しましょう。特別に葉酸を添加した食品はマークがついていて、特定保健用食品の表示がされています。これが消費者庁の認可を受けたことを示しており、それぞれきちんと審査を行い、食品が認可されれば、特定保健用食品の名称、そして、マークを使うことを認めています。



この特定保健用食品のマークがあれば消費者庁の基準を満たした食品であることの明示になっており、同じ食品なら葉酸を添加したものがいいという場合は一つの判断材料にしてほしいものです。

妊活をするにあたっては、まずは産婦人科等で一般的な不妊検査を終わらせておくと良いでしょう。異常がない場合でも妊娠に適した体づくりのためのアドバイスや基礎体温を測ることで排卵の周期を測ってタイミングのよい性生活の指導もしてもらえます。


妊娠が発覚する前段階で自発的に産婦人科を利用し、効率的な妊活をすすめてみましょう。

必要な葉酸の量は、妊娠中の女性ですと妊娠していない人より多くなり、480μg、妊娠前の約2倍の量を摂れば理想的だとされます。


しかし、どんなに重要な栄養素であっても、葉酸の過剰摂取にならないよう気をつけましょう。大量の葉酸を摂り続けると全身の症状として、発熱やかゆみなどを生じる危険性もあるため過剰摂取にも配慮が必要です。

妊娠がわかってから、妻は葉酸のサプリを飲むようになりました。私には関係ないと思っていましたが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「妊婦のためのサプリだから、男性は飲まなくても良いんじゃないの」と却下されました。


それでも、試しに飲んだらどうなるかと思って妻に隠れて葉酸サプリを飲むことにしました。飲んでしばらくしてから、二日酔いの症状が軽くなって、口内炎を起こすことが少なくなってきました。

本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、妊娠中の女性だけでなく、授乳中のお母さんにも葉酸はとても重要です。



生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい全身で細胞分裂が盛んに行われて、急激な発達を遂げます。そこで葉酸が使われることは言うまでもありません。

加えて、葉酸は母体の回復や授乳のためにも欠かせない栄養素とされ、母体にも、母乳を通して赤ちゃんにも必要とされることから、赤ちゃんが欲しいと思ったときから、赤ちゃんが母乳を飲み終わるまで必要な量の葉酸を摂っていきましょう。
ビタミンB群である葉酸は、熱に弱いという性質がありなかなか食事だけでは必要な量を摂れないので、サプリメントなどで補っていった方が賢明です。サプリメントで葉酸を摂る場合、製造中に加熱処理されていないものを選ぶことが大事な条件です。


その成分が自分の身体を構成していくので原料が天然のものに由来していることや、不要な添加物が配合されていないことなどの安全性にも気を配りたいものです。