妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いとあちこちで

妊娠したら葉酸を多く摂った方が良いとあちこちで聞かれますが、葉酸の摂取を妊娠前に行うことで受精率と着床率のアップにつながることが判明しています。
妊娠成立時はもちろんのこと、その前の着床時にも細胞分裂は活発になるため、ここでも大量の葉酸が必要になるわけです。なので、妊娠を希望する方にも葉酸は欠かせない栄養素で、もちろん胎児の発育にとっても絶対欠かせない栄養素なので、妊娠を望んだときから、授乳終了までの間、葉酸の摂取を続けることがベストだと言えます。
ご夫婦で妊娠を考え始めた際、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。
葉酸はもともとビタミンB群の一つとされてきましたが、近年はビタミンMと呼ばれることもあります。



赤血球を作るのに役立つだけでなく、全ての細胞が活発に増えていくために葉酸が必要不可欠のため、赤ちゃんを授かるために夫婦で摂って欲しいと言われるのです。

子宮内膜を厚くするためにも葉酸は欠かせない栄養素で、これが受精卵を守り、育てていくので着床して妊娠するのをスムーズにしてくれます。コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。確かによく知られているように、コーヒーにはカフェインが含まれています。



このカフェインが体を冷やしてしまう為、妊活中は止めておいた方が良いのは間違いありません。でも、コーヒー好きで我慢できないという人は、出来るだけ体にストレスをかけないようにするためにも、1日に2、3杯のコーヒーを満喫するのが良いでしょう。


葉酸は、妊娠初期に摂ると良い栄養素だというのは、結構多くの人が知っている話です。実のところ、妊娠1ヶ月前から少しずつ多めに葉酸を摂っていく方がベターだと理解していましたか?赤ちゃんが欲しいと考え始めたときこそ葉酸のサプリを摂っていきたい時期だと思ってください。妊活開始を宣言したらどうやったら葉酸を摂れるか、考えてみてください。



重要な葉酸の役割として、全身の血行促進が従来から挙げられています。


血液が末梢で滞ると身体各部の不調につながり、腰痛、肩こり、冷え性、不妊なども血液循環が原因とされているので、そういう悩みをお持ちの方は試しに葉酸を多めに摂るようにすると良くなるケースも結構あるようです。ビタミンEを、葉酸と同時に服用することで相乗効果が期待できると覚えておいてください。

近年、少子化が進むにつれ、男の子か女の子かの産み分けを行いたいという夫婦も多くなっているようですが、今日の日本の医学において確実な産み分け方法は明らかにされていません。
そのことを分かっていて、そうは言ってもやはりチャレンジしたいのならば、後述の方法をやってみてください。男の子を授かりたい場合は排卵日当日、女の子が授かりたい場合は排卵日の2、3日前に性交渉を持つことが効果があると言われているようです。
不妊症があったうえで妊活を行うという場合、あまりにも長期戦となってきてしまうと心も体もすり減ってきます。ですから、何年と期間を決定して、何が何でも夫婦で足並みそろえてがんばろうと最初にしっかり話し合っておくことがいい形かもしれません。妊活の期間を設定しておくことで、夫婦2人でよくよく考えて決めたことだから諦めないで頑張っていこうと前向きに思い続けることができます。


妊活と一言で言っても、命の神秘である妊娠というものをどうにか管理しようというものですから、必ずしも結果が表れるものとは言えません。

なので、道半ばで諦めてしまうことも多いようですが、残念なことだと言えます。

成功確率は上昇していると言えますからそんなに深く考えずに、マイペースに続けてみることが大切です。妊娠そして出産というのは、当たり前のことですが夫と妻の協力が不可欠です。



それはどういう事かといいますと、妊活での男性の役割は大変重要だということです。女性にしか出産はできませんので、ひょっとすると、女性が頑張るしかないと思う方も中にはいるかもしれないですが、夫の協力が得られなければ、妊活が成功する確率は低下してしまいます。何とかして女の子を授かろうと思い、いろいろな本やサイトで、男女の産み分けを徹底的にチェックしたのです。例えば、野菜はアルカリ性なので女の子、肉を食べると血液が酸性になって男の子が生まれるなど中には相当怪しいものもありましたが、がんばってできることを全て実践しました。そのうちに新しい命が授かり、つわりでかなり辛かったときも葉酸サプリをきちんと飲んでいたためか元気な女の子が生まれてきたのです。