そろそろ赤ちゃんを、と考えているなら

そろそろ赤ちゃんを、と考えているなら毎日バランス良く栄養を摂っていきたいとお考えでしょうが、葉酸の欠乏が引き起こす問題として、赤ちゃんが先天性障害を負う危険性が高まります。

水溶性ビタミンである葉酸は、尿に溶け出しやすく毎日摂取しないといけない宿命を持つ栄養素でもあります。その名の通り、モロヘイヤ、ほうれん草といった葉物野菜、またレバーなどからも多く摂ることができますから、いろいろな食材から、毎日確実に葉酸を摂るようにしましょう。水溶性ビタミンとして、葉酸は水に溶けやすい特長があります。

また、他のビタミンB群と同様、熱に弱いのでうまく調理していかないと摂れる量は半分以下になってしまうこともあります。けれども、生の食材を大量に食べるのはそうそうできるものではありません。ですから、調理の時もゆでる時間を最小限にするなど工夫をこらしていくのが食材から無駄なく葉酸を摂取する秘訣です。


赤ちゃんが欲しいというご夫婦から、ぜひ摂りたい栄養素として葉酸が人気を集めています。

葉酸はビタミンB群の一つですが、最近ではビタミンMとも言われます。
造血のためには欠かせないビタミンとして知られていますが、全身の細胞が盛んに細胞分裂を行うためには陰の力となるビタミンなので、妊娠するためには夫婦どちらにも重要です。さらに、子宮内膜を厚くふかふかにするためにも葉酸は大事な役割を果たし、受精卵が着床しやすくなり、妊娠の成立までたどり着く可能性が高まります。
果物の摂取は、妊活中の女性にとって、望ましいものです。とはいっても、ただ摂取するのではなく、いっそう妊活が捗るように果物を摂取できれば、もっと妊活の励みになるのではないでしょうか。

果物によっては体を温め、冷えの改善や予防に効果が高いものもあるそうです。


例えば、さくらんぼやりんご、ぶどうや桃、オレンジといった果物が該当しますが、そのまま食べる事が難しいという場合は、ドライフルーツでも大丈夫です。食材の中で、葉酸が多く含まれるものには、可食部あたりの含有量で言えば、レバーや枝豆が豊富ですが、身体に良い効果がある葉酸をたくさん摂りたいという理由だけで、葉酸を多く含む食材にこだわるというのは長続きしそうにない話です。

葉酸を比較的簡単に摂れる方法としては手軽なスムージーも良いでしょう。

ごく普通のスムージーの作り方で、ミキサーを使い、葉酸が多い野菜の他に味を調えるための果物と水分を入れるだけで、あっという間に仕上がってしまうのです。葉酸の添加を特長にしている食品は目立つところに特定保健用食品のマークがあるはずです。


消費者庁の認可を受けていることを示すマークで、それぞれきちんと審査を行い、食品が認可されることで、特定保健用食品の名称とマークの使用が許されるのです。特定保健用食品のマークを探して、それがどこかにあれば消費者庁の認可を受けていることの保証がされているので、葉酸を添加した食品を選びたいという方は選択の目安として知っておくと便利です。暑い時期には思わずキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、妊活の最中は、いつにも増してできるだけ体の熱を奪うような飲み物は避けてください。それに対して、ホットな飲み物をとることは血の巡りがよくなって、妊娠しやすくなれるでしょう。

飲む物に関してもそうですが、それ以外にも生活全般において体を冷やさないように気を付けてください。
近頃、自宅で可能な妊活の中の一つの方法としてお灸が注目されつつあります。
昔から続く鍼灸療法で体内を妊娠しやすい状態に整えていけて、さらにメリットとして、副作用がないということも挙げられます。



妊活に効果的なツボは多く存在していて、ご家庭でも可能なお灸なども登場し気軽に試すことができます。
良かったらやってみてはどうでしょう。



妊娠初期に摂らなければならない栄養素として、葉酸が知られています。
けれどもやみくもに多く摂れば良いというものではなく、過剰摂取すると副作用に苦しめられることがあります。


吐き気や食欲不振、じんましんなどその人の体質や摂った量によっていろいろな副作用が起きますが、時には子供にまで影響が及んでしまいます。

妊娠中は通常のほぼ倍の所要量を摂らなければならないのですが、くれぐれも過剰摂取にならないようにしてサプリや錠剤を使うなら、決められた摂取量を必ず守っていってください。
表面的には何もかかわりがなさそうですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、密接な関わりがあるのです。
最近、分かった研究結果から、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、リスクを高めることが明らかになりました。

もし、妊娠してしまうと、治療方法も限られてきます。



妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は早いうちに受診するのがベターです。