私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、妊活の

私は結婚後、早く赤ちゃんが欲しいと思い、妊活の本や雑誌に妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが子供が健康に育ち、母体の健康を保つのにも良いという点がみんな同じだったので、妊娠したときあわてないように、毎日サプリメントを飲みました。
妊娠できた後、いつまで続けたら良いのかと思って調べてみると、一度にたくさん摂らなければ葉酸は子供にも母体にも必要だと書かれており、無事生まれてくるまでサプリメントを飲むつもりです。確かに葉酸は様々な良い作用をします。



そのためできる限りたくさん摂取しようと大量摂取に走る方もいそうな気がしますが、葉酸を一度に多量に摂ると様々な副作用を起こします。大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こすケースもあるのです。成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、食事でこれを大幅に超えることはまずありませんが、サプリなどの飲み合わせには注意が必要です。お腹に赤ちゃんがいることで、母体の気持ちや毎日の生活が変わることもあるでしょう。そこで無意識のうちにそれがストレスとなって自律神経がバランスよく働かないこともありえます。

いわゆるつわりは、妊娠初期のホルモンバランスの変動、もしくは毒素の排除によって引き起こされるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じる場合も少なくありません。
母体にとっての葉酸は、神経系の働きを調整するように作用するので副次的につわりの軽減も果たせるのです。


人体の中で葉酸がどのように働くかというと、まず全身の血液循環をよくすることは従来から挙げられています。身体に様々な悪い影響を及ぼすのが血液循環の滞りで、腰や肩の痛みやコリ、冷え性、不妊なども血液の滞りが引き金になるとされているため、そういう悩みをお持ちの方は意識して葉酸を多く摂るようにすると良くなるケースも結構あるようです。

同時にビタミンEを多めに摂ることで、血行改善の効果はさらに高くなります。



妊娠する前も妊娠中も同様に可能な限り健康に良くないものを避けなくてはなりません。


そういう観点から、禁煙してください。リラックスさせる作用も喫煙にはありますが、体にいいものではないことは確かです。喫煙習慣のある方は、禁煙のスタートも妊活に繋がるはずです。


一見すると無関係なように感じますが、「妊娠」そして「歯の健康」という二つの事柄の間に、密接な関わりがあるのです。


最近、分かった研究結果から、歯周病は早産や低体重児出産のリスク因子であることが明らかになったのです。

妊娠中の治療は場合によっては安全性を考慮して制限されるものです。

今、妊活中の方で、ずっと歯医者さんに行っていないという方はすぐに受診するのがベターです。
待ちに待った子供がお腹にいるとわかってから、極力身体に良いことをするように努めました。特に注意が必要なのは妊娠初期だと全く同じことを母と医師が言っていたからです。

ネットのまとめサイトや、妊婦のための雑誌に葉酸は妊娠初期の赤ちゃんに欠かせない栄養素だとされていましたから、すぐに葉酸サプリメントを買いに行きました。

思うように食べられないときもありましたが、サプリメントは薬ではないので葉酸を欠かさず摂れたのは良かったと思います。

ここ数年で、赤ちゃんができたら葉酸をしっかり摂らなければならないということがよく聞かれるようになっています。母体内の赤ちゃんの発育を促すためだけではなく、母体の貧血や妊娠中毒症を防ぐためにも葉酸がたくさん必要になることが知られてきました。それなら、いつ摂取することが一番大事なのかとわからなくなってしまうかもしれません。



葉酸は、妊娠直後に最も必要になるのです。


出産後、授乳している間も葉酸はたくさん必要なので、妊娠中とほぼ同じ量が摂れるよう努めてください。妊活を出来るだけ効率的に進めたいという場合は、産婦人科などの専門機関を受診して一通りの検査を受けるようにしましょう。
体に問題が発見されない場合でもその道のプロから妊活が捗るようなアドバイスを貰えますし、排卵周期を整え、性生活に相応しい時期の指導もしてもらえます。


妊娠を考えている方は自主的に産婦人科を受診しておくようにしましょう。
病院で妊娠の診断が出れば葉酸を意識して摂らなければなりません。

葉酸が不足しないようにすることで、胎児の発育はある程度助けられますし、母体も健康に過ごせるようになるため欠かせないものなのです。


普通の食生活では、所要量の葉酸はなかなか摂取できません。


葉酸の不足を招かないためには必要に応じてサプリメントなども使った方が良いのです。