私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでい

私の妻は、妊娠してからずっと葉酸サプリを飲んでいます。私には関係ないと思っていましたが、そんなに必要なものなら飲んでみたいと妻に言うと、「これは女性と赤ちゃんのためのサプリだから、他のサプリにすれば」とあっさり言われました。しかし、決められた量なら飲んで悪いことはないだろうと妻には内緒で葉酸サプリを試してみました。



劇的な変化はありませんが、次の日を気にせずお酒を飲めるようになり、口内炎が悪化しにくくなったのは確かです。


あなたは「妊活」にどういうイメージを持っていますか?これは、妊娠という大変重要な神秘に包まれた現象をコントロールするものでいつか必ず良い結果が得られるわけではないのです。
なので、断念してしまうこともあるのですがこれは大変もったいないと思います。
妊娠する確率はアップしているはずですから、そんなに重くとらえないで時間をかけて継続するといいでしょう。今までと違って便秘しやすい、という妊婦さんは意外に多く見られます。


便秘にならないようにするためにも、腸内環境が正常でないとどんなに栄養素を摂取しても十分吸収されません。
腸の中で細菌が正常に働くことで、葉酸などの栄養素は身体への取り込みが正常に行われるので、栄養を摂ることと同じくらい、腸内環境を整えることも意識することが求められます。初めての妊娠に気づいたときから極力身体に良いことをするように努めました。



特に注意が必要なのは妊娠初期だと全く同じことを母と医師が言っていたからです。
インターネットでも、雑誌の記事でも妊婦には葉酸が不足しがちで、赤ちゃんの発育にも影響すると書いてあったためすぐに葉酸サプリメントを買いに行きました。
つわりがひどいときにはほとんど食事がとれませんでしたが、サプリは栄養補助食品で、薬とは違うので食べられないときにも葉酸をしっかり摂ることができました。



私の場合、結婚した後すぐに妊娠を考えていたので、その手の本やサイトを調べたところ、妊娠前から継続して、葉酸を多めに摂ることが赤ちゃんの発育に良く、先天性障害の危険性を低下させる働きもあると、共通して書かれていたため、葉酸をサプリで摂り始めました。

後で、妊娠何週目まで葉酸を摂った方が良いのか確認しました。


一度に摂りすぎると悪影響もあるようですが、そこに気をつければどの本にも赤ちゃんと母体のために出産まで摂って欲しいと書いてあったため、今のサプリメントを出産まで飲もうと思っています。

子供を産みたいと妊活を継続している方は、お守りを持ち歩くのをおすすめします。



例を挙げると、鎌倉の長谷寺というお寺は、子宝に縁があるお寺で、そこで売っているお守りは、妊活時の気持ちを落ち着かせ、安心させてくれます。


それ以外にも、妊活に関係するお守りで、パワーストーンなどもありますので、試しに色々なアイテムを持つこともいいと思います。当然のことですが、妊活の最中は体の健康を保持することがもちろん必須事項です。

健康の維持には何が大事かというと、栄養が偏らないようにすることと、適度に運動することの二つです。

体重が増えすぎることを防ぐ意図もあるのですが、血行を改善させると、体の栄養分のやりとりをスムーズにさせるということも大きな目的の一つです。具体例として、少し散歩をするぐらいでいいと思います。

子供の発育を助け、先天性障害の発生リスクを抑える栄養素として妊娠した女性には葉酸の重要性がだいぶ浸透しています。葉酸の摂取を始めるのは、妊娠が判明したときからだと遅すぎるといったやや厳しい指摘があります。


その理由は、妊娠初期こそ毎日葉酸を摂取していることが胎児の身体諸器官を形成するために大事だからです。理想的には、子供が欲しいと思ったら積極的に葉酸摂取をしていくことが女性に求められているのです。

パッと見では何の関係もなさそうなのですが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、密接な関わりがあるのです。

昨今の研究で、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、可能性を引き上げるということが判明しています。治療の中には、妊娠中には避けた方がよい方法もあります。妊活をしている方で歯医者さんにずっと行っていない場合は出来るだけ早く、診てもらうことをおすすめします。先天性の神経管閉鎖障害などの神経系障害が、胎児に起こるリスクを軽減するためビタミンB群である葉酸の効果が認められています。

妊娠したら葉酸を多めに摂ることを推奨しているのが厚生労働省です。
効果的な葉酸摂取の方法として、平均的な食生活を送っているだけでは妊婦の所要量を摂り続けることはとうてい困難です。
サプリメントなどで不足分を補うようにして妊娠中の女性に十分な量の葉酸を摂れるようにしていきましょう。