2人目妊娠を気長に待ち続けて妊娠しな

2人目妊娠を気長に待ち続けて妊娠しないまま3年の月日が経ったので私と主人の健康状態に懸念を抱きました。第一子を育て上げるためにも長生きしなければいけないので、この際だから体をくまなく検査してもらい、問題がなければ妊活に入っていこうと話し合って結論を出したのですが、ふと考えるとこの話し合いが私が妊活をはじめたきっかけでした。

最近、妊娠したら葉酸を摂るという話がほとんど常識になっています。
赤ちゃんが順調に発育するために必要になるだけでなく、お母さんが健康に過ごすためにも葉酸がたくさん必要になることが知られてきました。

どの時期に、葉酸が最も必要になるかわからなくなってしまうかもしれません。

妊娠直後が、葉酸を最も必要とする時期です。しかも、授乳中も葉酸が不足しがちですから、妊娠中と同じくらいの量を摂るようにしましょう。妊娠したことが明らかになれば大切なのは葉酸の摂取です。

十分な量の葉酸を摂ることで、胎児の発育もある程度助けられますし、母体も健康に過ごせるようになるため重要な役割を果たす栄養素なのです。


葉酸の多い食材を意識して食べていても、妊娠中の所要量は毎日きちんと摂ることが難しいものです。


葉酸の所要量をしっかり摂るためにはサプリメントや薬を使うのも有効です。水溶性ビタミンである葉酸は胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、もし葉酸を摂るタイミングを選べるなら食間だというべきでしょう。
可能であれば、一日の所要量をいっぺんに満たそうと考えず、何回かに分けて摂っていくと効果を発揮できるといわれています。一番効果的な摂取のタイミングを挙げれば、就寝中に肝臓の血流が減るので、その前に飲むのが効果が最も上がる時間帯だと言えるでしょう。妊活の結果が長らく出なければ、心も体もすり減ってきます。



ストレスは生殖機能に悪影響でそのままでは悪循環に陥ってしまう恐れがあります。



ですから、いっそのこと妊活を休止する決断をすべきかもしれません。本当に、妊活の休止中に妊娠に成功したという人も多数います。年齢的な制限を考えながらお医者さんにも相談を行って、いったん休むことも考えてみてはどうでしょうか。


多くの栄養素の中でも、葉酸はことに妊娠初期の摂取で胎児の細胞分裂を順調にするなど発育にとって非常に効果的な面があるという説があります。この栄養素は、ブロッコリーやアスパラ、枝豆の他、ほうれん草などの葉物に多く含有されていますが、いろいろな会社から発売されているサプリメントでも十分摂取できるので、妊娠中、あるいは妊活中の女性にはできるだけ摂って欲しいと思います。



子供を授かるために妊活を続けている方は、お守りの力に頼ってみてはどうでしょう。

具体例として、長谷寺は鎌倉にあるお寺で、ここは子宝と縁があるお寺です。そこのお守りは、妊活の疲れを癒し、気分を落ち着かせることができるでしょう。



その他、妊活用のお守りには、パワーストーンなども存在するので、さまざまなアイテムを使ってみるのもいいかもしれません。ビタミンB群である葉酸は、熱に弱いという性質があり日頃の食生活の中では必要量を摂取できないことが多いため補助的にサプリなどを使っていきたいものです。市販の葉酸サプリメントもたくさんの種類がありますが、製造中に加熱処理されていないものを選ぶことが大事な条件です。

自分の身体を整えるために摂るものなので、原料が天然成分であることや、不要な添加物が配合されていないことなどの安全性にも気を配りたいものです。計画的に妊活を進めるにあたっては、産婦人科などの専門機関を受診して必要な検査を済ましておくのが良いでしょう。

異常がない場合でも医師や専門家から妊活に適したアドバイスもしてもらえますし、排卵の周期を確認した上で性生活を持つタイミングのアドバイスもしてもらえますから、妊活を始めるにあたっては産婦人科や専門の医療機関を受診し、不安の少ない状態で妊活をするのが良いでしょう。

いつ妊活を始めたらよいか、分からない女性も多くいると思います。それに答えるとするならば、未婚の女性も既婚の女性も、そのうち出産をしたい女性であれば、いつでも行ってよいものと言えると思います。

一般的には、妊活イコールすぐに妊娠するためのものと思われがちですが、妊娠をしやすくする体にするために行う活動全般のことを意味します。ですから、どの時点で開始しても早すぎるということはないでしょう。