妊活中は極力、体を冷やすことを避けたいもの

妊活中は極力、体を冷やすことを避けたいものだと思います。

体が冷えてしまうと血行不良になって、子宮や卵巣といった女性にとって大事な臓器の働きを悪化させるおそれがあるからです。
多くの場合、冷えは足先から感じるようです。


いま、冷えに悩まれている方は、「冷えとり健康法」などの簡単な方法で体を冷やさないように注意しながら、冷え性を改善するようにしてください。これから妊娠したいと考えている女性にも、妊娠中の女性にもビタミンの一種である葉酸が特に必要です。葉酸は地味な栄養素ですが、胎児が順調に育ったり、細胞分裂を進めたりするのを助ける効果があります。


葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などに豊富に含まれています。



市販のサプリメントでも十分な量が摂れるので野菜が足りていないと思う方や葉物野菜が好きでない方は自分の生活に合わせて利用することをすすめます。

周知の事実だとは思いますが妊活の最中は体の健康を保持することが絶対条件です。その実現のために重要なのは栄養に気を付け、適切な運動をするよう努めるということです。


適正体重をキープすることも意図していますが、血行を良くして、栄養分が素早く運ばれるようにすることも目的の一つです。
一例として、少し散歩をするぐらいでいいと思います。暑くなってくるにつれ、思わず「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが妊活時には、できるだけ体の熱を奪うような飲み物は避けた方が無難でしょう。

それに対して、ホットな飲み物をとることは妊活にもプラスになります。生活全般でいつも体を温かくするよう気を付けましょう。



私は病院ですすめられ、妊娠してからすぐに葉酸サプリを購入して飲み始めました。飲むのは一日でも早いほうがいい、と病院では妊娠判定の席で言われたのですが、いつまで葉酸を摂らなければならないかについては言われた記憶がありません。


私の場合、1袋飲んだ後で葉酸サプリは一旦卒業しました。


しかし、産後の女性にも葉酸が必要だとわかったので再開したのです。

ありがたいことに、最近はかなり一般的になりましたが、妊娠中に葉酸をたくさん摂るだけでなく、授乳が終わるまできちんと摂って欲しいのです。



お腹の中にいる間はもちろん、生まれてきた赤ちゃんも体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、発育発達が急速に進んでいきます。


そこでは葉酸が大量に使われます。
加えて、葉酸は母体の回復や授乳のためにも欠かせない栄養素とされ、母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、必要な量の葉酸を摂っていきましょう。

病院で妊娠の診断が出れば葉酸を意識して摂らなければなりません。
葉酸を十分に摂取することで、子供の健康の維持が促進されますし、お母さんが健康に過ごすためにも必要な栄養素です。他のビタミンもそうですが、葉酸は食事だけでは十分に摂ることが困難です。葉酸の不足を招かないためには必要に応じてサプリメントなども使った方が良いのです。検査を受けて不妊症が判明し、そこから妊活に入る場合には、妊活が長くなってくると、心も体もすり減ってきます。そこで何年と期間を設定したうえで、何が何でも夫婦で足並みそろえてがんばろうという感じで最初の段階で話し合っておくのが理想的かもしれません。

期間を設けることで、2人で熟慮して結論を導いたことだから腹をくくってやっていこうというポジティブな気持ちが持続するのです。


赤ちゃんが出来る確率を上げるための対策である妊活は、妊娠の仕組みについてよく理解したうえで出来る限りそれを利用してコントロールするものともいえます。
それから、最も重要なものといえば、栄養だということに関しては想像するに難くないと思います。
そうは言っても、バランスよく栄養を摂ることというのは難しいことだというのが事実です。

その様な時にはサプリメントがお勧めです。
最近は目的を妊娠に絞り込んだ、妊活サプリなるものも登場しました。
見た限りでは関係ないもののように感じますが、妊娠と歯の健康という二つのものの間には、強いかかわりがあるということが明らかになっています。
日々の絶え間ない研究の成果により、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、危険性を上げるそうです。もし、妊娠してしまうと、治療方法も限られてきます。

妊活をしている女性の中で長い間歯科を受診していない方は、すぐに受診するのがベターです。